トップイメージ

クレカを店頭で利用する時誰しも体験したことがあると思うのですがレジの人が慣れていないためにどの紙を利用者の方へ提示するべきか迷う時があるのではないでしょうか。小林聡フルート教室

といいますのも、クレカを決済するとレジ端末3組綴りの紙が印刷されるからで、このレシートのうちどの1枚をお客さんの方へ渡したら良いかわからないという話です。プリウス査定 藤沢

数枚のレシートの解説)上述の数枚の紙の正体はどういうものなのかを要約すると下記の内容になります。

1カード利用者に渡すべき使用レシート。

2店舗控えレシート。

3クレジットカード会社保管用使用レシート(記名する紙)。

普段は例外なくお客様に対して渡すべき明細を渡すのが正しいのですが、ごくたまに、店舗控え用の明細レシートをお客さんに対して勘違いして渡すようなというパターンの他サインをした明細レシート自体を渡してしまうというなどという事例すらあります。

このようなケースはバイトの人であったりクレカというものが利用されるケースの少ない店舗等でクレジットを提示するとそういったスタッフの戸惑いというものが垣間見れるのではないでしょうか(笑)。

いつの日か店員が誤った方の利用レシートというものを渡そうとした際は、怒らずに「違いますよ」などと直してあげてほしいものです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ancme.org All Rights Reserved.