トップイメージ

自動車重量税、別称重量税という税金は、国産メーカーの自動車でも輸入車等自動車の国や四輪駆動車、ハイルーフ車等車体も全て同じで、などにも通常負担義務を課せられているもののことをいいます。

新車を登録するさいあるいは車検に出すさいに納税が必要な税になります。

その税額は愛車の重量によって定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」を比べると違う税金なのできちんと理解をして混同しないようにしなければなりません。

「自動車重量税はクルマの車重毎に」「自動車税は自動車の排気量毎に」その金額が変わってきます。

そして引き取りする場合の待遇も変わりますから注意が必要です。

自動車を買い取ってもらうときには既に納めた自動車の額がどれだけ残っていたとしても、その税額が戻ってくることはありませんが、一方で、自動車税の場合は、支払った額を買取額に乗っけてくれるといった事例がなくはないですが重量税の場合は上乗せしてくれるといった場合は全然ないのです。

重量税については、車の処分時に既に納付した額があるからと言って自動車買取業者にてそのことが配慮されることはほとんどないのです。

そのため次の支払いつまり次回の車検まで処分を少し待ち手放すということが無駄は少ないと思います。

自動車の引き取り時は考慮されないのが重量税ですがある条件の場合だと返還されることがあります。

これにあたるのは、車検が残存している愛車を廃車にするケースです。

というのは、抹消登録をすれば残存期間に応じた税金が返金されます。

ですが、中古車の買取の時はその自動車が廃車になるのとは違うので戻ってきません。

それにクルマの名義の変更をした際や盗難された場合も還付を受けることはできません。

自動車重量税が残っている期間がある車を買い取るということは、要は車検期間が残っている自動車ということです。

買取側も配慮しますから、自動車重量税が残存していれば、買取額があがることでしょう。

当たり前ですが買取額は業者によりまちまちなのですが、車検期間が残っていることを考慮していただければ、売却する車の売却額と比較するとそこまで払い損ということもありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ancme.org All Rights Reserved.